不動産売却時のチェックポイント|不動産に関する事なら横浜市神奈川区の株式会社タイセイコーポレーションにお任せください

株式会社タイセイコーポレーション
  • トップ
  • お問合せ
  • facebook
賃貸物件
売買物件
ブログ
新着情報

不動産売却時のチェックポイント

所有する不動産を手放す場合は、売却の手続き以外にも、希望価格でタイミング良く売却できるのか?など、不安要素はたくさんあるでしょう。不動産の売却に必要な手続きや注意点についてご説明します。
不動産を売却する場合、まずはその流れを把握しましょう。現在お住いの家を売却して新しい家を購入する場合は、売却と購入のタイミングを合わせることが重要で、借り住いが必要になるケースも多いので、信頼できる不動産会社を選択して的確なアドバイス通りに準備を進める必要があります。

不動産会社の選定

point1

不動産の売却をするにあたり、買主との仲介業者をなる不動産会社選びはとても重要です。不動産の査定は無料で行ってもらえることがほとんどなので、数ある不動産会社の中から査定内容について納得できる説明をしてもらえた信頼できる業者を選びましょう。

不動産会社に査定を依頼する際のポイント

point2

所有する不動産は、なるべく高く売却したいと思うのが誰もが願うところです。不動産には必ず相場があり、それよりも極端に高額だと買主は見つかりません。対象の不動産の需要や価値を十分に理解してくれる、実績があり目利きの不動産会社を選び査定を依頼することが重要なポイントです。

不動産の売り出し価格の決定

point3

不動産会社の査定価格を参考にして、売却価格が決定されます。

不動産会社と媒介契約を締結する

point4

「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類が媒介契約には存在します。それぞれに特徴がありますので、その内容を十分に確認した上で媒介契約を結んでください。
◆一般媒介契約
不特定多数の不動産会社に、不動産の売却を依頼できるのが一般媒介契約です。依頼主自らも不動産の買主を見つけることができ、不動産会社から依頼主への報告義務はありません。

◆専任媒介契約
1社という特定の不動産会会社に不動産の売却を依頼して、依頼主も買主を見つけることができるのが専任媒介契約です。不動産会社は、売却活動の状況について2週間に1回以上依頼主に報告するのが義務となります。

◆専属専任媒介契約
1社という特定の不動産会社に不動産の売却を依頼するのは専任媒介契約と同じですが、専属専任媒介契約では依頼主が自分で買主を見つけることはできません。不動産会社は、売却活動の状況について1週間に1回以上依頼主に報告しなければいけません。

売却のご相談・お問合せはこちら

PageTop

株式会社タイセイコーポレーション